ホーム > プーケットのダイビング > プーケットのボートダイビングの魅力って?

プーケットのボートダイビングの魅力って?

d0117860_22263631.jpg


アンダマン海の真珠」と呼ばれるほど美しく、観光地としての魅力が盛りだくさんのプーケッ島。 プーケット日帰りダイビングは通年楽しむことができる。メインは日帰りボートダイビング。
透明度はポイントによって差が激しく、平均10mのところから、30m近く抜けるところまでまちまち。プーケット島の南側に面する、プーケットラチャ島は、初心者でも安心して日帰りダイビングが楽しめる。海底は真っ白な珊瑚砂がなだらかに落ち、そこには、ハードコーラルが群生していて、コラーレバタフライフィッシュを始めとするインド洋の固有種のチョウチョウウオや、スズメダイ。そして、砂地には、ハゼやガーデンイールなどが簡単に見つけられる。

プーケットラチャノイ島はラチャヤイ島からさらに南下したところにあり、プーケット付近では透明度が高く、外洋に面しているため白い砂の上に巨大な岩が積み重なるダイナミックなダイビングサイトが目立ち、マンタなど大物が通過することもある。

プーケットラチャ島は2つの島からなり、季節風の影響でハイシーズン(乾季)は、島の西側、ローシーズン(雨季)は島の東側を潜ることが多い。プーケット日帰りダイビングでも人気の高いプーケットマリンパーク方面は、全長87mの沈船キングクルーザーは、アジ、フュージリアー(タカサゴの仲間)など回遊魚に支配されていて魚影が濃い沈船である。ハードコーラルとソフトコーラルに埋め尽くされ、さながら「水中ジャングル」のようなプーケットシャークポイントは、とにかく美しいのがプーケット最大の人気ダイビングサイトの秘密。もちろん名前のとおりプーケット名物レオパードシャークに会えることが多い。

そして、大きな1つの隠れ根のてっぺんから水深16mまで隙間なくイソギンチャクが密生するプーケットアネモネリーフはアンダマン海固有種のクマノミがいっぱい。水底18~20mまで落ちるドロップオフのダイビングや、ケーブ(洞穴)ダイビングもありと地形が楽しめ、裂け目などを覗くとエビ・カニや、ニシキフウライウオ、インド洋固有種のヨウジウオなどマクロ生物を見つけることができるプーケットドクマイ島からなる。

レオナルド・ディカプリオ主演の映画「THE BEACH」で一気に有名になったピピ島は、ビダノック・ビダナイ二つの巨岩を楽しもう。浅場や、ドロップオフありとグルグル変わる景色の中、ハードコーラル、ソフトコーラル、豊かな水中生態が見もので、様々な生物が見られる。複雑で強い流れの出るポイントはほとんどなく、水深も全体に浅めでじっくりと生物観察ができ、上級者から、ちょっと久しぶりでスキルが心配な初心者も安心なのがプーケット日帰りダイビングポイントだ。

ポイントにもよるが、基本的に夕方には、ホテルに帰って来ることができ、夜は、プーケット島を満喫することができる時間があるのも魅力の一つではないだろうか?プーケットにステイして、沈船・大きな岩・ドロップオフ・白い砂地に珊瑚など、バラエティーに富んだプーケット日帰りダイビングで全てのダイビングサイトを制覇しよう!!

プーケットでボートダイビングなら
Dive Freecs

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プーケットしまかぜ案内人 

Author:プーケットしまかぜ案内人 
プーケットしまかぜ案内人がプーケット近郊のダイビング、シミラン諸島のダイビングクルーズ、体験ダイビング、各離島でのシュノーケルツアー情報を発信中♪

プーケットの天気
♪天国に一番近い島へ行こう♪
おススメのプーケットの離島ツアー&シュノーケルツアー情報
♪ファミリーで楽しむ、しまかぜ案内人のカヤック教室♪
ファミリーにおススメのプーケットのカヤック情報
♪プーケットのお天気&格安ホテル口コミ情報♪
おススメのプーケットのお天気&格安ホテル情報
最近のコメント