ホーム > アーカイブ - 2007年07月

プーケットで楽々水中写真ダイビング!

シミラン ダイビング クルーズ ピピ島 ダイビング

プーケットダイビングポイントは潮流もそれほど強ダイブサイトもあるので初心者ダイバーでもゆっくり水中写真を楽しむ事ができます。水中カメラでもやはり今は支流になっているコンパクトデジタルカメラを水中世界へ持って行くダイバーが多いですね。色々なメーカーからデジタルカメラも販売されていますが、やはり機種で多いのはオリンパスのメーカーを持ってくるダイバーの方が多いです。浅い水深で光がたくさん入るダイビングポイントでしたら素敵な写真も撮れますし、今までと違った水中世界を楽しむ事もできます。水中写真の楽しみはやはり、たくさんの水中生物を撮る事、そしてファインダーから覗くと水中生物などの表情も、今までと違った感じで見ることができます。
プーケット ボート ダイビング プーケット ダイビング

深い水域は自然光で綺麗な写真は撮るのは困難ですので備え付けのストロボ撮影が必要になります。深度とともにストレスやテブレになってしまう場合がありますので自分のダイビングスキルにあった深度で水中写真を楽しむのが一番良い方法だと思います。浅い水深で太陽の光るが差し込み、綺麗なエダサンゴやソフトコーラルなどを撮るのもちょっと違った楽しみの一つだと思います。
プーケットダイビングサイトではたくさんの美しいコーラルや大きなウミウチワイソバナなどの水中植物なども生き生きしていますので、是非じっくりと水中写真を楽しんでみてくださいね。
プーケット 体験 ダイビング プーケット 観光 ツアー

ダイビング以外にもプーケットではたくさんの観光名所オススメスポットなどがありますので島内観光でもじっくりビーチなどの撮ったり、コロニアルなプーケットタウンの雰囲気やプーケット最南端の岬などでサンセットなどを撮るのも楽しいですね。水陸楽しめるコンパクトデジタルカメラがあると楽しい旅行になりますね。プーケットで水中写真や島内観光をじっくり楽しむならプーケット&ピピ島ダイビングはお任せ!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

MRお父さん ダイビングに挑戦!

プーケット ダイビング プーケット ダイビング

プーケットダイビングライセンスを取得する方達の年齢もさまざまです。若い学生時代の取得する人や社会人になってからチャレンジする人、そして7月1日から3日間コースでチャレンジしたMRお父さんは年齢も55歳でダイビングにチャレンジ。でも日本では毎週日曜日に釣りに行くほどの海好きです。もちろん魚も大好きです。ダイビングボートが揺れたって「へっちゃら」で元気いっぱいに3日間をライセンス取得に楽しんでいました。
初日はレクチャーミーティングを4時間ぐらい、担当インストラクター一緒に学びます。ダイビングに必要な知識、安全性、楽しみなどをマニュアルなどを参考にしながら学習して、簡単なミニクイズなどで知識を高めてから午後はいよいよプールダイビングです。ダイビング器材の使い方、準備の仕方、などを一緒にインストラクターと行い、プールへ入ります。プールは深度5Mと足の着く深さ1Mの場所でダイビングに必要な安全スキルを楽しく練習します。MRお父さんも始めてレギュレーターを使った水中での呼吸やフィンを使っての水中移動やそして浮力コントロールをして中世浮力で浮きも沈みもしない体験が出来た時は感動していましたぁ。そしていよいよプーケットで楽しみにしていた海洋実習の日です。ダイビングポイントはチャロン湾から1時間15分ほどで到着するラチャヤイ島です。東側は透明度も高く、リーフダイビングが楽しめることで有名なポイントです。到着する前までにダイビング器材準をします。タンクに自分の器材の取り付けやマスクフィンの確認なども重要です。
そして忘れる事が多いウエイトの準備もしっかりしから、あとはのんびりゆっくりショートクルーズを楽しみながらポイントへの到着を待ちます。
プーケット ダイビング プーケット ダイビング

到着15分前にはインストラクターからのダイビングサイト紹介や海洋実習で行うダイビングスキルの復習をしながら、実際に器材の装着です。バディ同士器材の確認をしてお互いのチェックを行います。チェック確認後はいよいよ待ちに待っていたプーケットでの海洋実習のスタートになります。MRお父さんは2日間ラチャヤイ島での楽しい4ダイビングで、見事ライセンスを取得してその翌日にはシャークポイントでトラフザメに遭遇。今回のプーケットの旅行を楽しんで帰られました。次回はシミランダイビングクルーズに参加してジンベイ&マンタを見たいっと元気いっぱいのMRお父さんでしたぁ!またプーケットダイビングしに来て下さいね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
人気blogランキングへ
プーケットでライセンス取得はプーケット&ピピ島ダイビングはお任せ!


プーケット ラチャヤイ島でワクワクダイビングその2

プーケット ラチャヤイ島 ダイビング

プーケットでライセンス取得コースもいよいよ2日目です。本日もラチャヤイ島での2ボートダイビングです。本日もほのぼの親子ダイビングです。
今日はちょっと深度を深く18mまでの潜水です。透明度も良くて平均20M以上あり、ブルーな海です。乾季のシーズンもこの島ラチャヤイで潜りますがやはり雨季の時期が透明度も高く、ダイバーの皆さんや体験ダイビングでいらしたゲストも大満足しますので嬉しいですね。
プーケット ダイビング  
今回も東側のダイビングポイントで潜りましたが、浅瀬にはたくさんのススメダイが群れ、斜め上を見るとタイワンカマスの群れやアオリイカなども泳いでいてお父さん&Aさんも嬉しいそうです!
砂地にはエビとハゼの共生などもじっくり観察して、砂地からモコモコと出ているチンアナゴなども観察しましたぁ。
プーケット 体験ダイビング ダイビング プーケット
ダイビング途中では餌付けをするとたくさんの魚達がお父さんの前によって来て、指も噛まれそうなぐらい周りが魚だらけになりちょっと驚き気味のお父さんです。
水中コンパスでは直線のナビゲーションで目標物まで行き、そして元の位置に戻ってくる予定ですが、これが中々元の位置に帰れないんですね。2度の挑戦で見事クリアです。
3日間のライセンス取得コースも無事に修了してこれで一人前のダイバーです。今回は親子で楽しそうに潜る姿が印象的でしたぁ。次回は一緒にシミランクルーズに行きましょうね。


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
人気blogランキングへ



プーケット ラチャヤイ島でワクワクダイビング!

phuket

プーケットボートダイビングで初心者から上級者まで楽しめるポイントとして有名なラチャヤイ島は、日帰り体験ダイビングから、ライセンス取得コースまで幅広くたくさんのダイバーが訪れます。
チャロン湾からも1時間20分ぐらいですので、それほどポイントまでも遠くなく、南国の心地良い風を感じショートクルーズ感覚を楽しみながらダイビングポイントまで行くのでとても気持ちが良いですね。
先日もライセンスコース取得者(お父さん)と娘さん(MsAさん)と一緒にダイビングに行って来ましたが、透明度も20M以上あり、ブルーな海にはお二人も驚きを感じていましたぁ。
さすが楽園プーケットですね。この海を見るとアンダマン海の実力を感じることが出来ますね。
東側は真っ白い砂地でたくさんの生き生きとしたサンゴが群生があり、生物も豊富で何度潜っても好きなポイントです。
phuket phuket

今回はオープンウォーターコースの初日ですので深度も12mまでのダイビングです。必要なスキル練習でマスククリア中世浮力コントロールの練習などをしっかりとしてからフィンを使って水中を自由自在に泳ぎます。
初めての海洋実習ですので思うように動くことはで来ませんでしたが、楽しく水中世界を楽しむ姿に感動しましたぁ。娘さんはダイビング歴はもう3年のベテランダイバーで浮力コントロールもバッチリで、まるで魚のように泳ぐ姿が印象的でしたぁ。今回はオリンパスのデジタルカメラ持参でしたので、ちょっと生物の写真を撮って、サンゴを撮ってから最後にお二人の記念写真を撮りました。

水中世界はやはり楽しいですね。そしてちょっと写真を撮ったりするのも、記念に残りますので水陸思い出の1枚としてこれからも撮っていこうと思います。楽しいラチャヤイ島ダイビングでしたぁ。


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
人気blogランキングへ

ダイビングを楽しむならプーケット&ピピ島ダイビングはお任せ!でじっくり、ゆっくり楽々ボートダイビング!

ラチャヤイ島で体験ダイビング

phuket


雨季のプーケットダイビングポイントラチャヤイ島ピピ島、そしてマリンパーク方面がほぼ毎日開催されています。
季節風が吹くシミラン諸島はこの時期に行くのはちょっと難しいかも知れません。
体験ダイビングでは比較的移動距離が短いラチャヤイ島がオススメですね。とくに東側のリーフダイビングは真っ白な砂地があり、たくさんのアンダマン海の生物達も群れを作り泳いでいます。
phuket phuket

簡単な体験ダイビングに必要な知識、そして水中で実際にやってもらうスキルの確認をしたら、いざぁ出発です。
ダイビングボートからはジャイアントストライドエントリーで水面に集合してから、いよいよ海底に向けて潜降していきます。深度は約5m前後の場所でだんだんと海中世界へ吸い込まれる感覚になります。
耳に不快感を生じる前に耳抜きを頻繁に行うのがコツですね。呼吸も忘れずに??口で吸って、口で吐くを忘れずに・・
水中世界ではたくさんの生物がいます。海のギャングとも呼ばれているウツボやシーフードレストランなどで美味しいそうに並んでいるハタの仲間達も優雅に泳いでいます。
真っ白い砂地にはエイの仲間達や、ハゼの仲間達も住んでいます。ハゼエビと共生する事で有名ですので、発見したら一緒にエビも住んでいるかどうか?っじっくりと探してみると楽しいですね。 
phuket

水中生物以外にも水中植物の仲間などもいるので新たな驚き、感動が待っていることだと思います。
水中移動をしている時にふと水面を見てみると自分の吐いている泡や太陽の光が水中に差し込み、神秘的な世界を体験できます。
プーケットでの体験ダイビングは1日コースと半日コースに分かれますが雨季は1日コースのみなっています。乾季はカタビーチも潜水可能ですので半日コースも開催されます。
楽園プーケットは1年365日開催中です。
プーケットでのダイビングや観光ツアーのご予約はプーケット&ピピ島ダイビングはお任せ!

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
人気blogランキングへ

プロフィール

プーケットしまかぜ案内人 

Author:プーケットしまかぜ案内人 
プーケットしまかぜ案内人がプーケット近郊のダイビング、シミラン諸島のダイビングクルーズ、体験ダイビング、各離島でのシュノーケルツアー情報を発信中♪

プーケットの天気
♪天国に一番近い島へ行こう♪
おススメのプーケットの離島ツアー&シュノーケルツアー情報
♪ファミリーで楽しむ、しまかぜ案内人のカヤック教室♪
ファミリーにおススメのプーケットのカヤック情報
♪プーケットのお天気&格安ホテル口コミ情報♪
おススメのプーケットのお天気&格安ホテル情報
最近のコメント